無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 浮けない日・・・・・ | トップページ | アオリ狙います !! »

2012年10月29日 (月)

HDSシリーズ(旧LMS、LCX)のMy 等深線の取り込み

2012/10/29 今回は自分で取ってきたログからの等深線の取り込み方を紹介します。

したがって、対象機種はログが取れる、HDSシリーズ(旧LMS、LCX)になります。

しかしリーズナブルな機種の方もHDSシリーズ(旧LMS、LCX)を持っている方からの移植は可能です。(なかなかそういう機会はないでしょうけど・・・。)

必要になる新たなものとして、取ってきたログ、等深線を作り出すDr,Depthなるソフトがあります。

Dr,Depthでログを表示します。

Depth01

Tools→Setting→Generalと入ります。

Depth02

Depth range and unitのMaxを5に設定します。
こうすることによって等深線が細かく出来ます。

Depth03

等深線を0から5mで色分けした設定になったので、画面上では濃いブルー一色になります。

Depth04

しかし、拡大すると細かい等深線が入っていることがわかります。

Depth05

この等深線を抜き出す作業を始めます。
Tools→Create Iso/contour Linesを選択。

Depth06

ファイル名はと聞いてくるので入力します。

Depth07

等深線の詳細設定を聞いてくるのですが、下図のような設定でやってください。
特にWarp depth labels(Lowrance)はレ点を入れます。
この部分、これが後で問題になる部分かと思います。
今は何も考えずレ点を入れてください。

Depth08

上記の中で右下にsetup line types..というボタンがありますが、その中の設定状態です。

Depth09

設定が終了しenterを押すと「できたよ」と出てるようなので「OK」を押します。

Depth10

等深線が抽出されました。

Depth11

確認のため、Mapeditを立ち上げ、今作ったばかりの等深線ファイルを放り込みます。

Depth13

等深線が表示されます。

Depth14

拡大すると細かな等深線が入っていることがわかります。
確認はここまでです。

Depth15

確認してOKならば次に進みます。

前回までに紹介した、市販の等深線や海岸線を取り込んだファイルをMapeditで開いておきます。

もちろん市販の等深線がない場合は海岸線だけでもOKです。

ここへ確認したMy 等深線ファイルを放り込みます。


Depth16

拡大するとMy等深線が組み込まれたことがわかります。

Depth17

拡大すると先ほど確認した状態に、海岸線なども組み込まれたことがわかります。

Depth18

ファイル→エクスポート→Lowrance地図(*.lcm)を選択してLowrance用のlcmファイルを生成します。

Depth19

出来上がったlcmファイルをSDカードに入れ、LowranceのGPS魚探に取り付ければ作業完了です。

下の写真のように細かい等深線が入っていることがわかると思います。
Depth23_2 Depth20_3 Depth21_2

Depth22

しかし機種によって市販の等深線が3倍の数値になっているものが出てきます。
HDSシリーズもこの部類に入ると思います。

Depth24

等深線の値が3倍、おそらくFeetで表示されているのだと思われますが、なんだか大変な問題に感じられますよね。実際、10mなのに33mと表示されたら使い物にならないじゃん、と思いますが、いざ使ってみると、今自分がいる場所の深さはソナーの表示で出ているので、そんなに問題にはなりません。

これがMy 等深線がそうだと細かい表示なのでまずいと思われますが、市販の等深線は10m単位なので使用上は問題ないレベルと思っています。

実は色々やって改善できないかやってみたのですが、他のブログでも同じことを書かれているようです。

じゃあ、なんでそうなるの?  ですが、自分なりに思っているのはDr,Depthで等深線を取りだす際の設定、ここがミソではないかと思っています。

思い出してください。

こんなところがありましたよね。

Warp depth labels(Lowrance)にレ点を入れる部分。

Depth08

Warpってゆがみとかに訳せます。

つまりLowranceの生データを変換する際に、このレ点を入れるということは、変換がそのままではうまくできないから、補正しているのではないかと・・・。

あくまでも自分の想像なんですがね。

しかし等深線のデータは2種類あって、市販品のデータとMy 等深線とありますよね。

My 等深線は補正しているけど、市販の等深線は補正していない、そうなれば明らかに差が出て当たり前。

逆に言うと、HDSシリーズや332cなどの表示が正しくて、その他の正常な表示をしている機種が異常なのではと思っています。

GPS魚探の作られた年代によって単位の取り扱い方が違うような何かがあるのだろうと想像しています。

もし正しい情報をお持ちの方がおられれば、是非教えてください。
お待ちしています。

さて、長らく行ってきたLowranceの等深線取り込み方法、大筋は全て紹介できたかなと思っています。

次回、海底地形図カテゴリの内容はうーーーん、暫く考えておきます。(笑)


先週、新潟の海岸線を見ていました。
ずーっと北から見ていって、富山近くまできて、大昔、教科書で習った糸魚川まで来た時、あることに気が付きました。

糸魚川っていう川って存在しないんですね。姫川という大きな川がありますが、どうやらこのことを指すようです。

つい今しがたまで糸魚川っていう川があるのだと思っていました。

いやー、不思議だなー。

« 浮けない日・・・・・ | トップページ | アオリ狙います !! »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

umeさん こんばんは!

いつ見ても感心させられます!
これだけのデータを集められるのも、同じ場所で頑張って居るから出来る事ですよね~ 感服です!!

マンボウさん、こんばんわ
うーーん、そー言われると、痛し痒し・・・。(笑)
自分の釣り場所はやっぱ長浜からなんです。
とりあえずここで徹底的に遊んでみようというのが最初からの考えなんですよ。
おかげさまでいろんな体験しました。
でもまだまだここを知りたいと思ってます。
自分以外の人たちのここでの釣り方が勉強になりますね。
色々書いていきたいと思います。
しかし、自分の釣り・・釣果は伴ってねーなー・・・。(悲)

こんばんは!のりべんです。

長浜を愛されるお気持ち、すごくわかりますよ〜(^-^)
でも最近はさらに魅力を感じるようになりました!
これもumeさんのおかげ様です…。
LOWRANCEを持っていない為、またまたコメントさせていただく事に躊躇っていたのですが、実は3倍!という数字にショック受けてます…。(先のアマダイ計画が(^o^;)難しいですよね…。大学でシミュレーションソフトでやったはずですが、すっかり忘れております。憶えていたらよかったのですが…(^_^;)

実は糸魚川も行った事ありますよ〜。
姫川〜糸魚川海岸でヒスイを取りに行きました♪
目的は自動車講習の合宿ですが。不思議ですよね…。
姫川といえばむかしむかしの姫君、奴奈川姫かららしいのですが、奴奈川姫ってお酒、ありました。お味は良かったですよ(^o^)


こんばんわ、のりべんさん
しかしすごいですね。
急激にカヤック友達出来ちゃった・・・。(笑)
自分でもそうなんだから、のりべんさんはもっと急展開なのかなと思ってます。
えらいとこ釣れてこられた(字が違うのか、字の通りなのか・・・(笑))・・・(笑)

土曜日また集まりそうです。自分も出るつもり。
bitamoさんのブログとコメントおもしろいよ。
糸魚川ヒスイ有名ですよね。見てみたいな。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HDSシリーズ(旧LMS、LCX)のMy 等深線の取り込み:

« 浮けない日・・・・・ | トップページ | アオリ狙います !! »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ