無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« ポチりました (笑) | トップページ | クルクル艤装とSidekick艤装 »

2012年9月18日 (火)

ロランス魚探について

2012/9/16 Loranceの魚探ですが、初めて買おうと思った時、種類が多く、混乱した記憶があります。

そこで、このブログではLoranceの魚探の種類と能力の比較をしてみたいと思います。

まずはHDS GEN2の種類を元に見ていきます。
http://www.lowrance.com/Products/Marine/HDS-Gen2/
HDS GEN2はLoraceの魚探の最高級シリーズで、HDS ジエネレーション2の意味です。つまりHDSシリーズの2世代目という位置づけです。何処が変わったかというと64ビットになったということが一番、処理速度など向上しているのだと思います。

HDS GEN2シリーズは9機種の構成となっていて、数字が画面のインチサイズを表し、XだとGPS無し魚探のみ、MだとGPSのみ魚探無し、XもMも付いていないのがGPS魚探となっています。
Hdsgen2_2
HDSシリーズの一番の特徴は釣行の記録を残すことが出来て、Dr,Depthのソフトを使うことによって、データから等深線を作り出すことが出来ることです。(但しXとMはこの機能はありません。)
また能力が高いため、1500mという釣りにはあまり関係ない深さまで探索することが出来ます。

GPS魚探を探しているとき、特に間違いやすいのがHDS5Xです。(5シリーズの場合)
HDS5Mは売っているのを見たことないからいいのですが、値段がかなり安いのと、HDSという名前で間違って買いそうになります。

HDSのオプションの機能としてStructureScanというのがあります。
海底をリアルに見ることのできる方法ですが、かなり大掛かりになるうえ、浅いところしか見れないため、詳しいことは取り上げませんが、能力だけ上げておきます。

Sidescan Specifications:

Max Range: 455kHz (500ft — 250 per side) 800kHz (300ft —150 per side)
Max Speed: 35 mph (56 kmh)
Mark objects: 15 mph (24 kmh)
Optimum speed: 10 mph (16 kmh) or less

Downscan Specifications:
Max Depth: 100 ft (800kHz); 300 ft (455kHz)
Max Speed: 55 mph (88 kmh)
Mark objects: 35 mph (56 kmh)
Optimum speed: 10 mph (16 kmh) or less

Loranceの魚探はこの他にもいろいろあります。

まずはHDSシリーズ、
http://www.lowrance.com/Products/Marine/HDS-High-Definition-System/
これは販売中止なのかと思っているのですが、ホームページには載っているのでまだ販売しているのでしょうか?
細かく調べたわけではないですが、GEN2と64ビットという以外は違いが無いと思います。(間違っていたらごめんなさい)
能力的なもの、Dr,Depthが使えるなど機能は全てGEN2と同じです。

次に下位に当たるシリーズがElite シリーズです。
http://www.lowrance.com/Products/Marine/Elite-Series/
14種類とRolance最大の種類を誇るシリーズです。

Elite™ Series
1 Elite-4
2 Elite-4 DSI
3 Elite-4 Gold
4 Elite-4x
5 Elite-4x DSI
6 Elite-4m
7 Elite-5
8 Elite-5 DSI
9 Elite-5 DSI Gold
10 Elite-5 Gold
11 Elite-5x
12 Elite-5x DSI
13 Elite-5m
14 Elite-5m Gold
これは4インチなのでしょうか、小さい画面タイプのものと、5インチタイプのものがあります。
Elite41_5  Elite-4 Elite51_2Elite-5
この中で5インチタイプの物は一見HDSと同じ形をしていて、なお且つGPS魚探の物があります。そしてSDカードのスロットも同じ位置にあるので、Dr,Depthが使えそうなのですが、地図の取り込み機能としてのSDカードスロットが付いているだけで、データ取り出し機能は付いていません。従ってEliteシリーズはDr,Depthを使うことはできないのです。
小さい画面のタイプにはマイクロSDカードのスロットが付いていますが、同じく地図取り込みのためのスロットです。
ただし、HDSシリーズとDr,Depthを使って作成した等深線図は取り込むことができるため、2台目として使うか、他の人のデータを使う時などは問題ありません。
ちなみにスロットの位置はここになります。
Microsd_2
EliteシリーズもHDSと同じ分類が出来ます。
画面の大きさは数字で、Xが魚探のみ、MがGPSのみとなります。
そして最近はこれにDSIが加わったようです。
DSIはDownScan Imagingの略で海底の様子が手に取るようにわかるシステムです。
Dsi01 Dsi02
これからはDSIが主流になるのかもしれません。
ただしDSIには弱点が一つあります。
それは探索深さが浅いのです。
表にして探索深さとソナーの周波数を挙げておきます。
この組み合わせで種類が増えたようです。
(DSIの探索深さはソナーなど部品を交換することにより深くなるかもしれません。
オーナーズマニュアルやらオプション部品など探してみましたが、設定変更で変わるところが現時点では見つかりませんでした。2012/9/20追記)

Elite00

そしてEliteの下位にMark™ Seriesがあります。
http://www.lowrance.com/Products/Marine/Mark-Series/
こちらは白黒の画面になるようです。
種類も他と同じく数字が画面サイズ、Xが魚探となります。
Mark4 Mark5x01

Mark™ Series 深さ Sonar Frequency
1 Mark-4

305m

83/200kHz

2 Mark-5x

244m

200kHz

3 Mark-5x DSI

76m

455/800kHz

4 Mark-5x Pro

305m

83/200kHz

5 Mark-5x DSI Portable

76m

455/800kHz

Mark™ Seriesの下位はCompact Fishfindersです。
X401
http://www.lowrance.com/Products/Marine/Compact-Sonar-Fishfinders/
2012/9/20追記

Compact Fishfinders 深さ Sonar Frequency
1 X-4

183m

200kHz

2 X-4 Portable

183m

200kHz

3 X-4 Pro

305m

83/200kHz

かなり小さくなりましたね。
このほかにポータブルサイズのGPS、ちょうどガーミン社のgpsmap 60csのようなものもありますが、ここでは割愛します。

ここまで主に探索深さとソナー周波数を取り上げ説明してきましたが、DSIやStructureScanでなければ、かなり深いところまで見ることが出来るようです。

今まで紹介してきた魚探の中からLowranceではPaddlesports用ということでさらに紹介しているところがあるので紹介しておきます。
http://www.lowrance.com/Products/Marine/Paddlesports/?utm_source=lowrance.com&utm_medium=emblem&utm_campaign=kayak
内容的には、カヤックなどに最適なものを、エントリーレベルからHDSシステムまで紹介しているようです。

最後にLowranceの地図についてですが、アメリカでは色々な種類の地図が有料で手に入り、無料のものもLowranceからダウンロードできるようになっています。
http://www.lowrance.com/Products/Mapping/
しかし日本では等深線の細かなものは手に入りません。
スーパーショアラインなどの簡単なものだけだと思います。

そこで必要なのが、このブログでも取り上げていた、海底地形図からの等深線図の取り込みと、自分で釣行の際に取ってきたデータを等深線図に変換することなのです。

海底地形図だと10m間隔の等深線図、自分の取ってきたデータだと細かくすれば40cm間隔まで等深線図を取り込めるのです。

結局、そんなことをやろうとするとHDSシリーズしかないわけで、そうでなければHDSシリーズの旧型、たとえばLMSシリーズ等を探すくらいしかないということになります。
ここら辺がマニアックすぎるところで、ネックになるのかもしれません。

考え方を変えて、GPS魚探を選ぶとき、等深線図の細かいものを取り込むことは考えず、スーパーショアラインなどで我慢をして使うのも悪くはありません。魚探のみでは深さと水温しかわかりませんが、GPS魚探にすれば位置の記録が残せる。つまり魚の釣れた場所の記録が出来ます。LoranceのGPS魚探は全て残せます。それと位置情報がわかるということは艇の速度もわかります。今時速何キロってね。強風で、漕いでも漕いでも網代港になかなか着かなかった時も時速1マイル出ているのがわかったので、心折れず漕ぐ事が出来ました。(自分のはジオフェンスかかっていてマイル表示だけど正規品はキロ表示出ます。)そう考えていくとHDS以外のリーズナブルな機種も悪くないことになります。自分の予算に合わせて、魚探のみで行くのもいいし、GPS魚探もリーズナブルなのも割り切れば悪くありません。要は気持ちの持ちようですかね。2012/9/20追記

さて次回、Lowranceの魚探に関係することを書くときは、旧型シリーズがどうなっているか書きましょうか?

« ポチりました (笑) | トップページ | クルクル艤装とSidekick艤装 »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

すごい。。ローランスのまわし者みたいにすごい!深場用の魚探をさがしてるひとが多いですね。僕にはさっぱりわかりません(汗)今の魚探が壊れたら相談します(笑)

こんにちわアカフォレさん

ソーデス、なにを隠そうローランスの猿回し者デス。(笑)
河口湖町にいるのとおんなじデス。(自分で言っていても意味わからん…)

冗談はこれくらいにして、役に立てばいいのかなと思ってます。(笑)

おはようございます!のりべんです。
すごい、凄すぎて途中から??でしたf^_^;)
(アップされてからアカフォレさんのコメントに頷きながら、追記でやっと勇気が持てました)
やはり、Dr,Depthが使えるとのりべんのようなアングラーは嬉しいカモです。(XかMシリーズ以外ですね!)やはり魚探は電動リールと同じランクのアイテムといったところがネックでしょうか…。いつか、この回をコピーして買いに行きます!(^-^)/

UMEさん

このタイミングでこの記事って。。。
ひょっとして笑三の為でしょうか(笑

ただ今EbayでLMSのヘッドユニット単体を物色中でございます!!

また、いろいろ教えてくださいね~

こんばんわのりべんさん
記事を書いているとついつい過激派じゃないけど、ほんとにこれがいいんだよと思って書いてしまうことがあります。
でもそれはそれで高価だったり、難しかったりと万人向けではないですよね。
その人が望んでいる機能こそが一番のベストマッチの機能なんでしょう。(笑)単なる魚探だって悪くはないですもんね。ちょっと反省してます。(笑)

こんばんわ笑三さん
そーですよ、笑三さんのために書いたんだから・・・。(笑)
確かに記事のきっかけにはなっているかも・・・ね。それと最近、魚探ネタ無かったしね。
書くことによって自分も勉強できるからこれはこれで楽しいですね。
Ebayやっているんだ・・・-。いいなー、自分もやってみようと思いつつ、まだ手掛けていません。
そのうち教えてください。(笑)
LMS直るといいね。直るまでレンタルする???(笑)

umeサン!情報ありがとうございます!
魚探購入を検討している某浮遊団メンバーがいるのです。
あ、僕ではありませんw

fishboneさんこんばんわ
そうですよね、※ではDeep大盛況ですもんね。
何か役に立てばいいです。
GPS魚探は釣れた地点を記憶できるのがいいですね。
自分も調べているうちElite-4もいいかなと思い出しました。
ちょっと使いすぎで買えないけどね。(笑)

Elite-5の並行輸入品を買いましたが現在地がアメリカのまま変わりません現在のものはGPS機能が使えないのでしょうか?メニューは日本語になりました 個人的に詳しく教えてもらえませんか?

トシさん、おはようございます。
「Elite-5の並行輸入品を買いましたが現在地がアメリカのまま変わらない」とのことですね。
自分のHDS-5はジォフェンスのかかったHDS-5ですが単位がフイート、華氏、マイルで表示される以外、機能が使えなくなることはありません。
自分の勝手な推測だけど、Lowranceも人命にかかわるところまで使えなくすることは無いのではと思っています。
ただし、Elite-5の並行輸入品を自分が使ったことがないので、ほんとにそうなのかはつかめていないのですが・・・。
並行輸入品ではありませんが、アメリカ在住の日本人の方から海岸線の導入が出来ないとの話もありましたのでそういうことがあるのかもしれないです。(これも実際自分で確認できていないので真偽のほどは不明です。)

ただ「現在地がアメリカのまま変わりません」の内容ですが、アメリカ大陸中央部が映っているということでしょうか?
もしその場所がオクラホマ州タルサだったらLowranceの工場があるところかなと思います。もしこの症状ならHDS-5ではEXITボタンを1回押すだけで、現在地の表示に切り替わります。Elite-5にはEXITボタンが無いので違う方法で抜けられると思いますが、マニュアルに載っていないでしょうか?
http://www.lowrance.com/Root/Lowrance-Documents/US/MARK-ELITE_SONAR-COMBO_OM_EN_988-10161-001_w.pdf
色々と試してください。
もしわからない場合、また相談に乗ります。

アドバイスありがとうございます 昨日屋上で10分放置してたら現在地に変わりました ありがとうございます 地図を拡大すると黄色になるだけで 100kmまでしか拡大できないので本州が画面に出る程度です 根の場所さえ登録できればと思いGPS機能付に変えました ちなみにホビーカヤック レボリューションに乗り換え検討したときも参考にさせていただきましたまたいろいろ教えてもらえたらと思います 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロランス魚探について:

« ポチりました (笑) | トップページ | クルクル艤装とSidekick艤装 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ