無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 不完全燃焼デス・・・ | トップページ | 釣果色々・・悲喜こもごも・・・ »

2012年7月21日 (土)

HOBIE の選択 Hobie Mirage Adventure & Adventure Island編Part 2

2012/7/19  一度はレボ13と決定していたものの、「HOBIE の選択 Hobie Mirage Adventure & Adventure Island編」を書いたことによってアドベンにぐらつくことがありました。今日はその内容の紹介です。

まずはIslandのSailingを見てください。かなり早いし、よさげです。

http://www.youtube.com/watch?v=u3hkDaTlWeQ

別のビデオでしたが題名には20ノット=時速約37キロと書いてありました。

パドルカヤックだと少し早く漕いで3ノットだからかなり早いデス。
もっとも風があって、伴う技術があればだろうけど・・・・。(笑)

ヨットとしてのアドベンを見ていると基本的なものを備えているようです。そしてIslandになればかなり本格的なものになるようです。このヨットとしての拡張性がぐらついた原因だったのです。

Islandにするためには以下のものが必要と思われます。

そしてIslandを購入した場合と比較するとアドベンからバージョンアップした方が安い??

これはかなりぐらつく内容です。費用が足りないからアドベンだけ購入して、追加費用が出来た時点でIslandってのはいいですよね。しかも最初からIsland購入するより安いとなれば・・・。(ただし確実な情報ではないかもしれません。自分でこれだけ必要と思っているだけで、さらにISslandにする為の何かが必要かもしれません。)

コンバージョンキット ¥245,000
船体にマスト用の穴を開ける為の専用工具 99600001  ¥3,500
Mirage Adventure ¥203,000
STターボフィンキット ¥14,000
ラージラダー ¥4,200
ダガーボード(アドベンチャー用) ¥14,000
  ¥483,700
   
Mirage Adventure Island ¥546,000
   
差額 ¥62,300

釣り目的でヨット目的ではないのですが、より沖へを考えた場合Islandはかなり魅力的です。

その魅力とは

  1. ヨットに必要なダガーボードを備えている。
  2. トリマラン構造( 船体が三つある多胴船)で安定性とスピードの両方が得られる構造。そして必要な時は浮かんでいる状態でたためる。(必要性があるかどうかは別として・・)
  3. 帆がくるくると巻きとられる構造で釣りの邪魔にならない。

こんなとこでしょうか。

ダガーボードはセンターボードとも言います。
風の力で進むヨットですが、ダガーボード無くしては風上へ向かうことができません。帆に受けた力をダガーボード無しの状態だと、ヨットは転覆するか横滑りを発生してしまいます。

ダガーボードは風の力の方向を変えるものです。

Adventure_island06Yocht01

この辺の詳しい話になると、揚力など航空力学の世界です。実は自分は長い間、航空関係で飯食ってました・・。懐かしい・・・。(笑)

次にトリマラン構造ですが、これは見ての通り、横方向に風を受けた場合、とても安定性が良さそうです。強風が吹いても踏ん張ってくれそうですね。釣りの時、立つことも可能なようです。

帆がくるくると巻きとられる構造、これは画像を見たほうがわかりやすい。http://www.youtube.com/user/adventureislanders?feature=results_main
なんだか、巻きとるシーンより釣りに見とれちゃいます。(笑)
この巻きとるのも、風が強い時は、半分とか3/4ほど帆を出して使うやり方ができるようです。風の力で速く移動出来ても、釣りをする時に帆があると邪魔です。この点くるくる巻きとりはいいアイデアですね。

以上の点からいいなーとぐらついたのです。(笑)

しかし置き場所の問題もそうだけど、大きいということに対しての家内の反応は良くありません。(笑)

レボリューション13で上に書いたことがある程度満足できるのでしょうか?

そこでまたまた調べたのです。

その結果は・・・・

ダガーボードについてはレボには付いていません。しかしカタログを詳しく読んでみると・・・。(2012-spring-kayaking-fishing-pa-catalog_1)
Yocht02色の濃い部分
The MirageDrive pedal system’s fins act as a keel or centerboard when in the down position offering the lateral resistance needed for upwind sailing.

風上に帆走するために必要な横方向の抵抗を提供するときに、下の位置でMirageDriveペダルシステムのフィンキールまたはセンターボードとして機能します。

なるほど、専用のダガーボード無くてもMirageDriveがその機能を果たしてくれるらしい・・。


トリマラン構造についてはSideKick Ama Kitが安定性をもたらしてくれるようです。

通常カヤック釣りなら不要かもしれないけど、帆を付けることからすると必要になるのかもしれません。
Yocht03_2


次は帆のくるくる巻きとりなる仕組みです。これが出来なければ、いくら早く目的地に着けたとしても定位置に留まることができません。レボ13はどうなのかググってみました。
http://www.youtube.com/watch?v=H_stDzQJ1ow
ありました!! へぇーーっ、ここまで考えてあるんだ・・・。

これだけ揃えばIslandと同じとは言えないけど、レボでもそこそこはSailing出来そうな気配ですよね。

でも、帆が小さいから大して良くないんじゃないの? とも思います。

そこでまたまたググります。(笑)
こちらはシーカヤックに小さな帆ですが、こんなに出るの?て感じですね。
http://www.youtube.com/watch?v=XHQGUbMSPTM&feature=related
こちらはHOBIEのSportsかな、なかなかいいんじゃない。
http://www.youtube.com/watch?v=KSzYx2ieq5o&feature=related

レボ13にSailing kit付けてみようかという気になってきました。(笑)

ダガーボードの代わりとしてのMirageDriveなら、STターボフィンキットにしたほうが効きが良さそうだし、ラージラダーもSailing kitには必要なようです。とりあえずSideKick Ama Kitは様子見としてレボ13でやってみようかなと思っています。

最後にYouTubeの検索中から見つけたHOBIE の変わったヨット??を紹介します。
Hobie TriFoilerという水中翼船のようなヨットです。
http://www.youtube.com/watch?v=zXSgZCDVWOM
こちらは42.8MPH→時速約68.5kmの記録を作った時みたい・・。
http://www.youtube.com/watch?v=P3Vd0-GCCd0&feature=relmfu

« 不完全燃焼デス・・・ | トップページ | 釣果色々・・悲喜こもごも・・・ »

カヤック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576072/55228114

この記事へのトラックバック一覧です: HOBIE の選択 Hobie Mirage Adventure & Adventure Island編Part 2:

« 不完全燃焼デス・・・ | トップページ | 釣果色々・・悲喜こもごも・・・ »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ