無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« Lowrance GPS魚探のアップグレード | トップページ | ずいぶん浮いてない気がする・・・(かなり浮いてないよ・・) »

2012年3月18日 (日)

ジオフェンス (Geo-Fence)について

2012/03/18 さてジオフェンス (Geo-Fence)ですが、知らない人は何の話??ってなくらい関係のない話です。

でも、これから LOWRANCE の HDSシリーズ の並行品購入を考えている人は少し考えておく必要があるかと思うものです。

ジオフェンス (Geo-Fence)とは地理上の何ていうのだろう仮想境界と言っていいのでしょうか? GPSの機能を使って何かの制約をしたり、機能を追加したりすることのようです。

LOWRANCEではHDSシリーズのある時期からの販売の米国用に、ジオフェンスがかかっています。

このジオフェンスによって、GPSが機能した時、その地点が米国でなかった場合に、たとえば日本で深さの単位をメートル、水温を摂氏℃で表示していた時、深さはfeet、水温は華氏℉に強制的に変更されてしまうのです。もちろんスピードや気圧やその他の単位も全て米国方式の表示になります。

LOWRANCEの5インチのGPS魚探を購入しようとすると、日本語仕様の物は約10万円ほどしていました。しかし並行品だとうまくすればその半額位で購入も可能で、英語表示しか選択できなかった時は並行品がかなり出回ったようです。

英語表示って何だか使いにくいし、わからないから嫌だと思われる人がほとんどだと思いますが、実際使って慣れてくると、そんなに違和感なく使えるものです。英語の意味はわからなくても、体がここと覚えちゃって問題無く使えるのですね。

こんな感じで英語に慣れた人はわざわざ高い日本語のGPS魚探を買わずとも、安い英語表示でいいやと思ってしまうものです。

LOWRANCEのGPS魚探の操作方法は統一されていて、新機種でも同じ配列になっているので、ストレスなく操作できる点も日本語に頼らなくてもいい環境を作っているともいえます。

でもそんな時にジオフェンスは待ったをかけてくるのです。

それでは単位が全て米国方式の表示になる以外問題はないのかというと、電源を入れた時からずっと画面下部に「 Unit not valid for this area. contact local authorized reseller for support 」と小さく点滅表示されるくらいです。

これが嫌なら日本語の正規版を購入するのがいいと思います。

ジオフェンスのかかったGPS魚探(HDSシリーズ)を直す方法はないの? ていう話になると一つは確実に直すことが出来る方法として、お金を出して解除してもらうこと。Navicoでプロダクトキーを購入すると解除できます。(これは実際やったことはないので、らしいとしか言えません。)

もう一つは出来たらしいと過去形の話になります。

それはソフトウェアのupgradeではなくdowngradeをすることによって解除できたらしいのです。

それはHDS Update Version 2.5.31.56 です。

http://search.jword.jp/cns.dll?type=sb&fm=2&agent=&partner=AP&lang=euc&name=Lowrance+geofence2.5.31.56+&bypass=&selsecategory=&senav=&service=jwd&style=1

HDS Update Version 2.5.31.56 以前だとジオフェンスが作動しないというのですが、このサイトのフルバージョンの2.5.31.56 は削除されていてダウンロードできなくなっています。

同じところにあるライトバージョンの2.5.31.56 はダウンロードできます。

このライトバージョンの2.5.31.56 をダウンロードして前回のブログで行ったようにupdate?してみると、問題無くインストールできます。

そして単位もメートルや摂氏に変更できます。しかしGPSが機能しなくなります。

Update Version hds-3.0.33.84-1-56.14-3-standard-1.updも出来ると書いてあるフォーラムを見つけたのでダウンロードしやってみたけど結果は同じでした。

なんだかフルバージョンの2.5.31.56 が削除されているので、これが出来たかどうかはわかりませんが、気になるところではあります。

追記 2012/3/22

downgradeで動きがおかしくなった場合でもupgradeすれば元に戻ります。購入した状態より新しいUpdate Versionならば、ジオフエンスはかかっているものの、正常に作動します。

またSDカードですが、一度ライトバージョンの2.5.31.56を入れたカードのファイルを削除しても、バージョン3.0を上書きできません。また違うバージョン、逆の入れ方でも入れることができません。これは削除といってもファイルが完全に消されていないために、LOWRANCEのプログラムがおかしな読み込み方をしないようにしているためです。フォーマットしても駄目でした。SDカードを再使用するには、SDカード容量一杯にJPEG画像などをいったん記録させ、updateファイルを完全に削除してから、jpegファイルを削除すれば上書きできるようになります。 

ジオフェンスのかかったHDS、さぞかし使いにくいと思うかもしれませんが、意外とそうでもありません。確かに深度表示はfeetですが、shpファイルから取り込んだ等深線の深さ表示とDr,Depthから取り込んだ等深線の深度表示の数字は画像として入っているので、そのままm表示なのです。そういう意味では今何メートルの位置にいるかは大体分かるのです。

追記と訂正

まだ原因はわかりませんが、正しい等深線を選んだ場合はHDS-5ではfeet表示になります。ただそれだけではなく、LMS-520cではm表示、LMS-332cではfeet表示になります。
米国以外のメートル法でも使われることを想定しているはずなので、結果がバラバラなのはちょっと納得できないのですが、等深線をこうして使うこと自体、想定外なのかもしれません。同じデータでこう別れたのですが、GPS魚探が壊れているとかの問題ではないようです。どこかに設定があるかもしれないので調べてみます。

また自分がm表示されていたというのはmapeditで等深線の線を選ぶ時に道路で行っていたためです。おそらく国道何号線とかの表示方法で深さが表示されていたからです。

水温も℉だとなんだかわからないですが、換算表でも貼り付ければなんとなくわかると思います。

そんなわけでビギナーがいきなりこれでは大変かもしれませんが、物は使いようというところでしょうか?

« Lowrance GPS魚探のアップグレード | トップページ | ずいぶん浮いてない気がする・・・(かなり浮いてないよ・・) »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。たかと申します。

私もロランスの魚探を使っていて、疑問に思ったことがあったのでコメントしました。
文中では、「shpファイルから取り込んだ等深線の深さ表示と(中略)・・・そのままm表示なのです。」とありました。
私がHDS-5で使っているケースだと、shapeファイルから取り込んだ深度は、(GeoFenceに係わらず)feet表示に置き換わってしまうのですが、umeさんとこではそのままの数値で表示されているのですか?ちなみに、LMSシリーズ(私はLMS527c)では、そのままメートル表示です。私の使っているHDS-5は、GeoFence対象外です。shapeファイルからlcmファイルへはやまさんとこの手順に従って変換しています。

私もたまに網代へ釣りに行っています。今後ともよろしくお願いします。

たかさん、コメントありがとうございます。
HDS-5で表示がfeetで、LMS527cはm表示だということですが、そのshapeファイルはDr,depthで作成した等深線でしょうか? それとも販売されているshapeファイルをlcmファイルにしたものでしょうか?

自分のところではどちらもm表示になっています。
詳しく聞かせてもらえると解決策が見つかると思うのですが、よろしければメールアドレスなど教えていただければ、対応できるかもしれません。
(ウェブ上には掲載されませんので安心ください。)
またコメントのやり取りででも結構です。

まだまだわからないことが多く、釣りも満足のいく釣果とはいっていませんが、楽しんでやれるからいいのかなと思いつつやっております。

いつかお会いすることがあるかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。

たかさん
たかさんの言っている意味がわかりました。
まだ原因はわかりませんが、正しい等深線を選んだ場合はHDS-5ではfeet表示になります。ただそれだけではなく、LMS-520cではm表示、LMS-332cではfeet表示になりますね。
米国以外のメートル法でも使われることを想定しているはずなので、結果がバラバラなのはちょっと納得できないのですが、等深線をこうして使うこと自体、想定外なのかもしれません。同じデータでこう別れたのですが、GPS魚探が壊れているとかの問題ではないようです。どこかに設定があるかもしれないので調べてみます。

また自分がm表示されていたというのはmapeditで等深線の線を選ぶ時に道路で行っていたためです。国道何号線とかの表示方法で深さが表示されていたからです。

これ一つとってもかなり奥深いというか、マニアックな世界になりますね。(笑)

自分が行く範囲はDr,Depthで等深線が取れており、こちらはどのGPS魚探でもm表示です。そんなわけであまり気にはなりませんでしたが、ブログで同じと語っていることはマズイですね。訂正しておきます。


また何かわかりましたら知らせます。

umeさん、コメントありがとうございます。

私の持っているshapeファイルから取り込んだもので、水路協会で数年前に販売していたものです。今はM7000として関東全体が統合されてしまい、値段も高くなってしまいましたね。

メールアドレスを記載したので、よろしければご連絡ください。

国道を選択していると変換しないんですね。私の持っているものと同等であることが分かりました。feet表示になるのはやまさんも同じことを言っているので、国内版(International版)でも同様みたいです。

ここのところ毎週土曜日に天気が悪く、残念ですね。

はじめまして。
いろいろ検索してたら、自分と似たような事してる方がおられたのでコメントです。
普段、釣り仲間から変人扱いされてるもので(笑)
参考にさせてもらいます!

Terra Corporationの海底地形図は良いですね!
水路協会のやつは高い上に根の名前すら表示されないです。
私の海域は未発売みたいですが・・・

はじめまして
nojimaruさん。
というか、自分がロランス買った時、nojimaruさんのブログを見させていただきました。自分にとってはいわゆる大先輩というか、師匠のような人の一人です。

その時はコメントを残すということも、知らない頃だったので何も知らせることなく今になりましたが、いろいろお世話になっております。今日も久しぶりにブログを見させていただきましたが、さらに深く入っておられますね。

今後も参考にさせていただきます。
よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジオフェンス (Geo-Fence)について:

« Lowrance GPS魚探のアップグレード | トップページ | ずいぶん浮いてない気がする・・・(かなり浮いてないよ・・) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ