無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« ふふふ不漁だーっ!! (笑) | トップページ | 海底地形図 ちょっと 深いけど役に立たない デジタル編(タイトル長すぎやん) »

2011年12月11日 (日)

海底地形図 ちょっとだけデジタル編

かなり以前に海底地形図が水路協会から販売されていることをブログに載せたことと思います。

今日はこれをパソコンで見る方法を書いてみようと思います。

サイドバーにある海底地形図のリンクにも同じような内容が書かれていますが、少し内容が変わってきているので、訂正版といったところでしょうか?

そもそもパソコンで見なきゃあいかんのかい?ってな疑問もあると思いますが、海底地形図を買ってみるとわかるのですが、大きい・・・・。(笑)

場所を取って広げてみるのが大変なのです。そして次第に見なくなる。

また地図として見ているだけでは、妄想、想像・・・それくらいでしか考えられないわけです。

でもパソコンに取り入れて、緯度経度が入れば、GPS等のデータと重ねることが出来たり、携帯GPSを持っていればその中に取り込むことが出来るわけです。こうなるともう、想像とか妄想の世界で無くなり、実践の世界に使えるわけです。

ではその手順を紹介します。

1.スキャナで取り込む

これは海底地形図が大きいため、通常のスキャナで何とかなるというものではありません。

自分はサイドバーにある「オフィス工房」さんに加工してもらいました。どんな使い方をしたいかを説明すると細かな対応をしてくれます。

ファイルタイプとしては256色ビットマップがカシミール3Dの指定ですが、JPEGでも大丈夫です。JPEGで取り込み、必要な場合ビットマップに変換でいいと思います。最初から256色ビットマップにすると色が悪いのでよくありません。

2.カシミール3Dをダウンロードする。

カシミール3Dを知っている方も多いと思いますが、山等の地図を立体的に見ることが出来る非常に優れた3D地図です。汎用性が高いため、色々な地図を取り込め、画像までも取り込むことが出来るのです。この画像が取り込めることが今回の海底地形図取り込みに使えるのです。地図データ満載の本が出ているので、ダウンロードより本を購入するのが、後々便利かもしれません。

3.画像を編集する。

スキャナで読み込んだ画像は大きいものなので、そのままでは全体的にコントラスト低く、色も薄めなので画像ソフトなどを使って見やすく編集します。自分はフォトショップエレメンツで自動調整くらいの調整です。

4.カシミール3Dに画像を地図として読み込ませる。

カシミール3Dに素早く表示させるには、画像が大きいと重いので、分割する必要があります。分割すればレスポンスのいい切り替えが出来るのですが、これも絶対に必要というのでもないので、省略してもいいでしょう。画像はJPEGで準備します。

では自分のホームグラウンドである、「相模湾北西部」の海底地形図で紹介します。

地図の緯度経度を調べておく。

Chizu001

地図の中に緯度経度の値が書かれています。上に139度10分、右に35度0分と書かれています。

これからすると、出来るだけ離れた位置3点の座標を知りたいので、

Chizu002

上の3点の座標を読みます。

それぞれの値は 

35度20分、139度05分  35度20分、139度20分 34度55分、139度20分

となります。

カシミール3Dを開いて、新しい地図を開くをクリックします。

Chizu003
相模湾北西部の地図を指定して読み込みます。

JPEG一枚の場合重いのでしばらく時間がかかります。

Chizu004

そして地図情報の作成が開きます。

Chizu005
座標は入力せずWGS84に変更するだけで作成をクリックします。

編集から地図のキャリブレーションを開きます。

Chizu006

キャリブレーションの中の指定ボタンを押した後、入力したい緯度経度の線の交点をクリックし、先ほど調べた座標を入力していきます。

Chizu007_3

これで実行を押すと完了です。

正しく入ったかの確認は、緯度経度の交点にカーソルを持っていき、右端の緯度経度の値とミニ地図で確認します。

Chizu008_2

本当のデジタル地図になると等深線だけのものになり、それはそれで3D化して見れるなど、使い道があるのですが、海底地形図は視覚的にも綺麗で好きなのです。

本当のデジタル地図でないので「ちょっとだけデジタル」としました。(笑)

« ふふふ不漁だーっ!! (笑) | トップページ | 海底地形図 ちょっと 深いけど役に立たない デジタル編(タイトル長すぎやん) »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

UMEさん

こんばんわ。
いいネタのUPありがとうございます。

あの日より風邪をひいてしまって、作業は快復後にしようと思ってます。
KMZデータはできたので、転送を待つのみです。

楽しみでたまりません・・・。

KMZデータと言っていることは、すでにカシミール3Dに地図を読み込ませ、ガーミンに切り出そうとしているところだと思います。驚異的な早さですね。(笑)マップカッターを使っているのだと思うけど、うまく取り込めたらいいですね。とにかく風邪を治してからゆっくりと楽しんでください。
海は逃げません。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海底地形図 ちょっとだけデジタル編:

« ふふふ不漁だーっ!! (笑) | トップページ | 海底地形図 ちょっと 深いけど役に立たない デジタル編(タイトル長すぎやん) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ