無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

2018年5月 2日 (水)

びっくりしたなー もー

2018/5/2  朝起きて、カーテンを開けると見慣れぬ大きな船が停まっていた。
かなりでかい・・・。

Dsc_6782

朝日の中でかっこいいですね。

Dsc_6774

アップしてみるとなんだか変な船です。
どう見ても船首の形が通常の船と逆で、喫水下の方が前に出ている。
一瞬、ズムウォルト級の船を思い浮かべますが、これは軍艦ではありません。
クルーザーかな?

横から見ると船首部分の形状がよくわかりますね。
艦橋が大きいので船自体大きく見えないかもしれません。

Dsc_6787

しかしupしてみると甲板に一人人がいるのですがわかるでしょうか?
右のほう、屋根の下に肩から上が・・・。

Dsc_6789

調べたところ、これはマーシャル船籍の「モーターヨットA」という船だそうです。
長さ118m、幅18m、プライベートヨットだそうで・・・。
世界を巡る旅でもしてるのかなぁ・・・。裏山

Dsc_6781

偶然通りかかった護衛艦とツーショット。

Dsc_6798

船尾に「A」と船名が入っていますね。
「A」の下には「BIKINI」と入っているようです。

Dsc_6799

ちなみに、ヨットというと帆がねーじゃねぇかと突っ込まれそうですが
ヨット(遊行船)という意味もあって豪華な遊び船も指すそうです。

うーーん、どちらも無理だわ・・・。(笑)

2018年3月27日 (火)

アコウダイ釣行 反省と対策

2018/3/27 無事、アコウダイを釣ることができた。

刺身、炙り、鍋、アラの煮つけと食べてみたがおいしいですね。
意外とイケるのがポン酢。
炙りでも刺身でも、そして鍋でもポン酢は合いますね。わさび醤油も悪くないけど、個人的にはポン酢に軍配が上がるでしょうか。結構皮が固いのはびっくりしました。

身は固めなので何日か置いた方が良さそうです。

一番好きなのはアラの煮つけ、こりゃあたまらん。(笑)
肝や胃袋も食しましたが、オニカサゴなどに負けず劣らず美味い。

しかし、今回の釣行、反省点も多い釣行でした。
ちょっと振り返って、対策を考えようと思います。

さて問題点は・・・
 1.ミヤマエCX-9 PEが400mくらいしかなく、520mの深さまで落とせなかった。
 2.タナコン750 のPEが嚙み切られたこと。スミヤキと思われる。
 3.枝スが噛み切られる?スミヤキ?

この3点でしょう。

ではまず ミヤマエCX-9のPEです。
PE14号が9割方巻いてあるとのことでしたが、PEの直径を測ると1mm。

0.966mmで30号相当と思われるので、おそらく30号でしょう。
CX-9に30号巻いたら500m位。
このリールは深海用として使われていたのではなく、マグロ用か何かだったのでしょう。

P_20180303_112618

富士丸の船長が「もったいないから、繋げば? 深海、底からだから、色表示がおかしくても関係ないよ。」と・・・。

最初は全部巻き直し、10号1600mと12号1400mとどちらが高いんだろうなんて思っていた。でも。甘い言葉に誘われて、「継ぎ足しちゃお・・・。」(笑)
だって割引考えてもいいとこ1500円×14か16でしょう?
25000円はキツイ・・・。(笑)

そこで結ぶとなったのだが、結びはどうしよう?
電車結び? ブラッドノット?いろいろ考えたが問題は30号に対して8号しかない。
直径で1mmと0.5mm位の差があって結び方法が限られてしまうこと。
結局オルブライトノットに決定したがチチワ結びでも良かったかな?

約300mを足して700mは確保出来た。

P_20180327_041118

次の問題はPEが嚙み切られたこと。

スミヤキと思われる内容で3の枝スが切られるのもスミヤキと思われます。
以前、富士丸でイカブリに出たことがありますが、スミヤキの猛攻を受けたことがあります。イカブリは夜の釣りなので40m位の深さでも出てきているのです。

イカブリの仕掛けはイカ1杯をかけて釣るので少々お高い仕掛けなのですが、これがバツバツ切られちゃう。何度か行って知っていたので、よつあみのケブラー繊維で作ったけどこれまた切られちゃった。
何回かに1回スミヤキの間抜けさんが釣れるので犯人はわかるのだけど、こいつにゃホント腹が立つ。(笑)
そもそも、なんで高価なリングやチェーンを付けているのかと思っていたのですが、一つは深海から吊り上がってくるときの回転でPEが切れたりしないこと、そのためにペアリング付きのリングやチェーンを使っているようです。
そしてそれだけでなく、PEを切られないようにするために、チェーンで長く、仕掛けとPEの距離を開けているようです。

場合によってはPEのm毎の色表示も目立つので、真っ黒のPEも販売されているとか・・・。

お金があれば真っ黒PE買うのですが、やっと繋いで700mにしたくらいなのでこちらは却下。

スミヤキが最初に気づくのは水中ライトか仕掛けのエサ、ならばこれを極端に話してやればいいのではとステンレスワイヤーを考えた。
かなり以前にヒラメ釣りの仕掛けづくりで購入した石鯛用のワイヤーです。

大洋ワイロン 黒 #37

P_20180327_041528

HARP 7本縒り 黒 #38

P_20180327_041710

釣り武者 とけこむ赤 7本縒り 37番 なんでこんなに持ってんの・・・?

P_20180327_041451

じゃあ強度はどんな位とHARPで調べたら#37で33kg、#38で27kgだった。
チェーンの強度は135kgなのでかなり弱いが、どうなんだろ?

P_20180327_041822

で、釣り武者の赤で作ってみた。一緒にホムセンで買っていたステンレスワイヤーΦ1.0mmもあったので作成。
ステンレス製のΦ1.0mmの強度は不明だが、釣り武者より多いのは確かと思われる。

釣り武者はヒトヒロ、ステンはあった長さで作ったからヒトヒロ半の長さです。

P_20180327_041334

最終的に選んだのはステン1mmのワイヤーでした。
理由は仕掛けを揚げるとき細いのは持ちにくいから。
リングとチェーンの先に付けてみました。
水中ランプの付いてる側の別のフックに80号の中錘が付いて仕掛けと300号の錘が付きます。
PEからフタヒロ以上水中ランプが離れました。

P_20180327_042351

予備のリングも買ってきたので、サブ用も完成。
購入したリングはベアリングレスの安モン。(笑)
P_20180327_043022

ここまで作ってワイヤーの端末処理の部分、ワイヤーがチクチクするので改良。
輪っかには強化チューブを入れて完成です。

P_20180327_140248

さてと、最後は枝スが噛み切られる問題。

一瞬、ワイヤー仕掛けも考えたけど、そこまでするのはどうか?
本来のアコウダイ釣るには問題が無いわけで、変にいじくって釣れなくなるのも考え物。

切られたら、予備の枝スを用意して結び直すこととしました。

さーーて、行きたいといってもこの間、午前午後乗っちゃったしなーー。

暫くは我慢ですね。(笑)


2018年3月24日 (土)

メニューにない釣り ドタバタ釣行

2018/3/23 以前から船長と変わった魚を釣りに行こうと話していました。今は亡き、大船長が釣ったことのある魚で、なかなかお目にかかれない魚。で、3/23に用意もできたので決行。天気、風とも申し分ない状況、昨日までの大雪のニュースが嘘のような予報です。

20180323tenki03

富士丸の予約状況は根魚となっています。(笑)
そう、根魚なんですが、ちと深いところにいる根魚。
キンメより深いですが、ダイワの電動リールなら750番で釣れる深さ、500m前後を狙う予定。

20180323yoyaku02

乗り合いなのですが、平日とあって自分だけ、仕立てのような雰囲気です。

Imgp2743

ダイワの750番で釣れると書きながら、用意したのはミヤマエ・・・、前回のブログで紹介したように、程度のいい中古です。PE14号が9割がた巻いてあるとのこと。PEも太いがリールもでかい。(笑)

Imgp2747

餌はイカタン、幅2cmのスルメイカを捌いて、縦に切った長さで作ってあります。
後はヤリイカの子供の1杯がけ、タコベイト、サバタンといったところ。

Imgp2753

最初の投入、船長の掛け声で同時に投入。
深さは520m、100、200、300と落ちていきます。
400mまで出たところでピンチ!!
PEが無い、残り僅かで520mまで届きそうにありません。
14号1000mは巻けるはずなので、9割がたの巻き量なら軽く行けると思ったのですが・・・。
慌てて、巻き上げ、予備のタナコン750に交換となりました。
この間、船長はサメ2匹を釣り上げています。

Imgp2755

でかいミヤマエから小っちゃいタナコンに変わったため、ホンマにこいつで底まで届くんかいと思ってしまう。(笑)

(こんなこともあろうかとリールの予備は持って来ていましたが、タナコンの電源コードは忘れてた。船長から借ります。ミヤマエは別でシマノとダイワは共通のようです。)

520mあたりまでPEが出ると竿先がゆっくり水平になり、底に付いたことが解ります。
トンとか、ズンとか明確な底取りでなく、注意していないと見逃してしまい、糸ふけが出そうな感覚。さすが深海もここまでくるとメダイの180mの時とはかなり違う感覚。

ここから底トントン状態で釣るのだけど、これがまたわかりずらい。
今回の錘は300号、5本針10mの胴付仕掛けの上に80号の中錘と水中ランプやステンレス製のチェーン、キャラマンリングなどが取り付けられ、上側だけでも100号くらいの重さがあります。着底して竿先が曲がるくらいだと中錘が持ち上がっただけ、更に巻き上げ竿先に十分重みが加わり、リールのハンドルも重くなったところがやっとトントン状態でしょうか。
竿先が揺れの度にコツーンコツーンとつつき出せばOKと言ったところでしょうか。
こう書くとそんなに難しそうでなく感じられますが、これに落下中のPEのたるみや、潮で流されたたるみなどが複雑に絡んできます。

一端底取りできたと思っても、すぐ竿先が真っすぐになる、起伏が激しいところかなと思っていましたが、たるみが取り切れるのに時間がかかるようです。
そこで着底したら15mほど巻き上げて、もう一度落としなおすことにより、たるみが取れることがわかってきました。

Imgp2757

竿先が引いても勝手に上げ下げはできません。船長の指示の元、一緒に投入、一緒に引き上げます。

クンクン、引いているんだが、いったいこれは大物なのか小物なのかがわかりません。
500m下で上に100号くらいの錘、下に300号の錘が付いていて、その竿先を揺らすのは、どのくらい竿先がお辞儀すれば大物なのか見当が付かない。
「巻き上げてーー。」
ジーッジーッとリールが揺れに合わせて苦しそうな音を上げ、ドラグを滑らせながら巻き上げています。この時点で釣れるとは思っていない、どうせサメだろうと思いつつ巻き上げてみると、赤い・・・・、狙っていたアコウダイ、釣れちゃいました。おそらく1.5kgちょっとの物でしょう。下には細長い1m位の深海サメ。こちらは食えそうにないので海へお帰りです。

しかし、ホントに真っ赤、メヌケとも呼ばれるように水圧の変化で目が飛び出し、胃袋も飛び出しています。

Imgp2760

この後も釣り続けているのですが、一向にかかる気配がありません。
予約の際、船長が「なかなかかからない魚だから、午前午後のリレーでないと難しいかも。」と言っていたことを思い出し、このまま午後も続行することに決定。
朝は少々、荒れ気味で寒かったのだけど、日が差し暖かくなったうえ、波も立たなくなっています。

トーントーンと錘が底を突く感じが竿先から伝わってきます。

トーントーン、フッ・・・・・。

??? あ、切られた。

竿先が真っすぐに・・。

一瞬何が起こったかわかりませんでしたが、冷静に考えるとすべての仕掛けと錘が無くなったことを意味します。

誰かに聞いたわけでも、教えられたわけでもありませんが、PEを切る奴はナワキリ別名スミヤキしかありません。これを避けるために1m位のチェーンをつけてエサ近辺のPEを守っているのですが、ダメだったようです。人によってはPEを真っ黒にして目立たなくしている人もいます。

巻上げるのですが、一見まだ中錘が付いているような竿のしなりと、PEの張り具合。良かったーー、下の錘だけなら被害は少ないなーなんて思ったのだけど、そんなわけはない。
だって、竿先が真っすぐになるということは無負荷なんだから、中錘どころかサルカン一つも残っていないことになります。
じゃあこの曲がりと張り具合は?500m分の海水の抵抗のようです。
今さら深海の深さ、違いに驚きでした。

100mを過ぎると竿先もかなり真っすぐになり、PEの張り具合も少なくなり、やがて無負荷状態で上がってきました。

どうやら、4~5m、PEを持っていかれたようです。
キャラマンリング、チェーン、水中ランプ、80号中錘、仕掛け、300号錘全てがパー。

ここまでにPE以外には300号錘だけ切れたのが1回、仕掛けの枝スだけ切れたのは4回ほど。
竿先がお辞儀をして引いていることが解り、上げてみると切れているというのがあり、そのたびダメになった仕掛けから枝スの部分を取り外して交換していましたが、これもスミヤキなんでしょうね。

そして時々ハリスに白い粘液が付いてきます。オキギス??

Imgp2764

サブのキャラマンリング、水中ランプを取り付け、さすがチェーンまでサブは無かったのでこのまま釣り再開です。300号の錘は2個持ってきたのですが、既に無し、250号の錘に50号の錘を足して300号とします。
何とか再開できました。

船長の「あげていいよー。」で巻上げ開始。
船長の電動リールは高性能らしく、いつも先に上がりますが、自分のはなかなか上がりません。
しかし、今回はイマイチ遅いなーー。なんて、リールを見ていたら止まった…。
液晶画面…消えた・・・。
バッテリー切れ??
ミヤマエが24Vなので2つ持って来ているので、交換。また元気よく動き出した。

そうか、一度同時に買ったバッテリーではなく、カヤックの時代に魚探用に買ったのが最初。2個目のバッテリーは電動リール用に買っていて、片方がかなり古かったのだ。今まで200mまでの水深で半日なら何でもなかったのだけど、1日500mで釣っていると14:00頃には切れてしまうのかー。
これも知らなかった世界です。

Imgp2769

ここでトウジンを追釣、初めての魚ですが、おいしいらしい。クーラーに放り込むと、アコウダイが白っぽく縞模様になっています。死んじゃうと色が変わるのかな?キンメの逆バージョンですね。

結局、午後はアコウダイは釣れませんでした。
でも面白かった。

最後に釣れたのは真っ黒なアナゴ、首にハリスがグルグル巻きになり、上がってきた。周囲のハリスには例の白い粘液がびっちり。オキギスじゃあなかったんだこいつか。あとで調べたところ、ホラアナゴらしい、食べたら美味しいらしいが、少し小さかったことと、知識がなかったのでリリース。

見知らぬ魚がいるものです。

P_20180323_155710

ずっと一緒にいたカモメ、帰りは無線乗船? 港まで一緒でした。

Imgp2783

帰りのクーラーにはなんとアコウダイが1匹追加、少し小ぶりですが、船長が釣ったもの。
自分が仕掛けを切ったときに釣っていたそうな。
プレゼントしていただきました。
ありがとうございました。

P_20180323_170010

今日の潮、小潮でしたが、魚は居たし、釣れた。潮が動かなかった時間があったけど、この間だけ何も当たらなかった。

船長の言っている潮、なるほどと思います。

さていろいろ経験したし、手直しや、仕掛けづくりも忙しい。

とりあえずはミヤマエのPEからかな??(笑)

20180323tied

2018年3月 3日 (土)

釣りの準備

2018/2/25〜3/3 仕掛けづくりです。

ナイロンハリス、ぶっといのです。

P_20180223_091954
ムツバリ18号
P_20180225_090734
クレン親子サルカンちょっと細めだなぁ・・・・。まっいいか
P_20180225_090801
12号ハリスを結びます。内掛と外掛のW使用。
P_20180223_093233
ギュッと絞って南方延縄結び。
P_20180225_085508
大量生産。(笑)
P_20180223_100858
オモリ側の捨て糸10号。
P_20180223_101253
幹糸24号。
P_20180223_101600
で、針とドッキング。
P_20180223_102824
幹糸の上は28号、本当は30号欲しかった。(笑)
ここまでくると、10号なんて頼りなく感じます。
P_20180223_103918
完成、10本針にしたけど、半分じゃないと規制に引っかかるらしい。
P_20180223_104152
しまった、糸巻き大きいのないから、とりあえず小さいのに・・・。
どちらにせよ、5本針に作り直しだな。
P_20180223_110923
次は電動リールの電源コード。
P_20180303_074007
内部が腐食して使えないものです。
P_20180303_074037_2
これをニッパーで切っちゃう。
P_20180303_074713_3
車用の接続をしちゃう。
P_20180303_075022
こんな感じに出来上がり。
P_20180303_080021
そして、今日待ちに待ったミヤマエCX-9
〇〇〇〇でGETです。(笑)
P_20180303_112618
24Vなんです。
P_20180303_114422
バッテリーちょうど2つ持っていたんで、狙い撃ちで24V。
先ほど作ったコードで連結。
P_20180303_132425
仕掛けはもっと作らないといけないし、まだまだ準備が要ります。
さて、この後、まだどうなるかまったくわかりません。
そのうち、形になったらupしますね。

2018年2月25日 (日)

久しぶりの午前釣行、結果はいかに?

2018/2/24 最近のいつもなら、午後の船でのんびり出かける午後釣行、昔は午後なんて釣れないだろうと思っていたのだけど、これもやり始めるとそれなりの面白さがある。

午前釣行だと・・・・

  • 朝一にドカンと大物が来そう。
  • 午後に比べてたくさん釣れそう。
  • 帰りが早い。

午後釣行をやってみての感想は・・・

  • 午後も釣れる、大差ない。
  • 今時までなら夕間詰めが最高のクライマックス。
  • 帰りは遅いが、近いので問題なし。遠くの人も7時以降に帰るなら、渋滞レスの道路になる。

と思い出したこの頃です。

やってみてわかったのですが、意外とこれもありだななんて思い出しています。

しかし、今回は腰痛持ちさんグループとの久しぶりの午前釣行です。

前日までは寒かったのですが、この日だけはこ雨天に恵まれました。

釣り目は船長に無理を言って、メダイ・カイワリ釣行です。

20180224tenki

みよし右舷側には芋焼酎さん、ともは私。

Imgp2716

とも左舷には大津さん、そしてその前には腰痛持ちさんと4人の釣行です。

自由に席を選んで、残ったところを自分がいただきました。

Imgp2717

6:25出発です。

Imgp2719

最初はメダイ狙い、いつもならマッドバイパースティングとMAGMAX500のリールですが、MAGMAX500が入院中のため、DEEP IMPACTとタナコン750の組み合わせ。

Imgp2721

7時頃ポイント到着。
。。。。。。。。。。。。。。。アタリなし。
腰痛持ちさんが大アジを釣ったとの話を聞きます。
おそらく、オキアミ餌かな?
。。。。。。。。。。。。。。。アタリなし。
最後にDEEP IMPACTがわずかに動く、上がってきたのは15cmのユメカサゴ、生きていたのでリリースです。

Imgp2725

約一時間ちょっとでメダイ終了、船長の指示でカイワリに向かいます。

Imgp2729

芋さん、カイワリGET、自分はこの時ゼロ。
しばらく経ってやっとカイワリ1匹。

Imgp2731

そのうち、妙な重さの魚が釣れた。上げてみるとフグのようだ。
船長に何だろと聞いてみると「ミズフグだわ、あんまし食うとこ無いなー。こいつは悪さしないんだが、こいつのいるとこにはハリス噛み切るのが一緒にいるから移動するよ。」とポイント変更。
ミズフグ、ヨリトフグの別名のようです。食べられるフグらしく、伊豆ではぶつ切りにして味噌汁などで食べているようです。肝も食べている地域があったようですが、現在はダメなようですね。
リリースしたのですが、海面に返した途端、吸い込んでいた海水と一緒にオキアミの塊を吐き出した。こいついっぱい食ってたんだ。(笑)

Imgp2733

周りはそこそ釣れているのだが、自分のところは何故かあまり釣れない。
(本当は腕の差だとは絶対思わないことにしている。)
ここで、真鯛仕掛け10m1本針に変更した。
途端に真鯛が・・・・じゃなくて良い型のハナダイが釣れた。
うん? なんだか針の刺さり具合が変?

Imgp2734

アッブネェーー、皮一枚じゃん。口じゃあないし・・・。

Imgp2735

この時点で、カイワリ1、ハナダイ1。9:40

Imgp2736

最終的にカイワリ2枚追釣したのみ。これ、クーラーというより水槽みたい・・・。(笑)

Imgp2738

さて帰りです。大津さんはカイワリ20、隣同士でこの差は?
きっと腕ではないと信じています。(笑)
前回の釣りで運を使い切ったんじぁないかとか、今年いっぱいはダメだろうとかは思わぬようにしています。(笑)

Imgp2739

小潮か・・・潮は関係ないのでしたね。みんなも釣れているし。(笑)
次に期待です。

20180224tied

2018年2月10日 (土)

イナダ地獄にカイワリ地獄、ハナダイはどこ行ったの?

2018/2/9 またまた、ハナダイ・カイワリ釣りです。とにかく飽きもせず、ひたすらこればかりを追い求めています。

というとカッコよく聞こえますが、実はメダイもやりたいなと船長に言ったら、2目狙いはどっちつかずになるからやめた方がいいよと言われ、只今実績のある会話リ・ハナダイにしただけ。

しかも、ここんところ、2回も中乗りさんに真鯛を釣られちゃつてるので、そいつも狙っちゃおうと欲深プランです。

天気予報は晴れ、風もなく冬場の荒れた海がしばらくぶりに見せた凪の日になりそうです。

20180209tenki

今日も午後船、朝が起きられないわけじゃないけれど、家内に港まで送り届けてもらっているので、楽チンな午後にしています。

Imgp2697

タックルはいつものレオブリッツに海攻3mです。

Imgp2699

そして今回新調、改造したステンカン、船長に穴の大きさを確認してもらいOK。

Imgp2700

ポイント到着、ご覧の通りの凪。こんな海はこの季節では珍しい。

棚は大体が80m前後を狙うことが多く、船長の指示は85mまで落として75mで待つというような指示が多いですね。

自分の場合、ハナダイ・カイワリ釣りは基本4号2本針、6mの仕掛けを使用。

船長は10m下まで落として棚まで上げるというやり方を、10mの仕掛を基本にして言っていると思われますが、じゃあ、6mの仕掛けなら6m下まで落として棚で待てばいいんかいという気もするのですが、余計なことは言わずにひたすら10m下まで落として棚まで上げるを繰り返しています。

なぜならこれで釣れるから。

最近、ウィリーからエサ釣りに変えて、知らない世界なので全てを船長の指示通りにすることにしています。

それは、釣り方だけでなく、ステンカンのような道具まで同じにすることで、どんだけ釣れるかを試してみたいというのが本音。

今日も最初から型の良いカイワリ。

この後もカイワリが続きます。結構いいじゃん。

しかし、ハナダイ来ないな、カイワリも大好きなのですが、ハナダイは同じかそれ以上に好きなのです。なぜってウィリーのめりこんだのもはなだいが好きだったから。

そんな思いに関係なく、カイワリは釣れ続け、Wヒットも・・。

そしてグンッと強い当たり。3mの竿が満月に・・・。

とにかく引く、強烈な引きをなんとかかわして上がってきたのはイナダのW。

さすが、イナダも2匹だとメッチャ重い。(笑)

この後、イナダW、カイワリWが続きます。

そろそろハナダイ来んかなーー。

Imgp2703

港の製氷機が壊れちゃって、たくさんの氷が用意できないため、船長の指示で座席下の生け簀にぽんぽん放り込んでいきます。

そのうち、生け簀がいっぱいになりはじめ、船長がさすがにここまでくるとクーラーに入れないとまずいかななんて言い始めた。(笑)

でも、ハナダイは釣れていません。

イナダとカイワリのみです。

Imgp2704

伊東港からのフェリーかな、近くを通過して波が打ち寄せ、富士丸が大揺れ。こんな時も、指示棚まで落として、3回しゃくりあげてくるのだけど、1回目で食っちゃった・・・、イナダです。(笑)

棚まで上げきらないうちにイナダ、そしてカイワリまでもが食ってきます。

ハナダイはさっぱり影も形も見えません。

赤いの、そろそろ欲しいんですけど・・・。(笑)

Imgp2706

15:30、ここを境に仕掛けをチェンジ、4号10m、1本針、真鯛8号針を使った真鯛仕掛け。ここからは真鯛狙い。前回は空振りでした。

コマセはステンカンにいっぱいではなく、かなりガサガサ位に少なめ、投入して3回降り出しながら10m巻き上げ、棚で待機。

そうか、10mという船長の指示は、3mの竿で3回しゃくりあげるので9m、実際には竿が曲がるので9mは上がってこないが、3回分のしゃくりを考慮すると10mということかと半ば納得したりしながらの釣り。

レオブリッツはカウンターに投入後からの時間が表示されるので3分経ったら、巻き上げるを繰り返す。

今まで釣れ続けていたのが、15:30からパタッと釣れなくなった。

そして終了は16:30ですよと言われ、16:15頃かな、竿先がグンと引き込まれる。

引きの感じはWのイナダをより重い引きにした感じ。

棚は70mだったのだが、引きずり出され、カウンターは78mになっていた。

こらえて、無理せず、リールの巻上げもゆっくりに設定し、引けば耐えて、引かない時は巻上げを繰り返す。

船長から「大事にいけよ。」とアドバイス。

次第に何がかかっているかがわかり出す。

待ちに待っていた赤いやつだ。イナダじゃない、でもハナダイじゃない、真鯛だわ。(笑)

竿が3 0号負荷位の柔らかさなので満月になって和らげてくれるのと、2mm1mのクッションもグニョーーンと伸びてるのだろう、ブチっと行きそうな感覚は感じられない。でもかなり時間かかるなー、40mまででもかなりかかった気がする。

そして30、20、10mと上がってきた時、不安が湧き上がってきた。

竿で対処している時は心配ない気がするが、ハリスを掴んで手繰る時は無理なんじゃないかという不安だ。

イナダWでもハリスをたぐる時は振り回されているのに、2本針の6mではなく10mのハリスを手繰れるんかい????

8、6、5mここから手巻きで2mまで巻き上げる。ここからハリスを掴んで手繰り寄せ。

船長もタモ持って待機してくれている。

ハリスをたぐる、真鯛の抵抗を覚悟しながら・・・。

あれ??軽い??

覚悟していた強烈な引きは感じられない。

今までの引きが嘘のように消えてしまった。

かといって、逃げられたわけではなく、しっかりと魚の重みはあるのだが、引き込みが感じられないのだ。

どうやら真鯛の抵抗は上の方では無くなるようだ。

ドンドンたぐる、やがて薄赤い大きな魚体が海面に浮かびあがった。

デッケェーー。

Imgp2708

船長がタモ取りで船に上げてくれた。

この時になって、今まで何でもなかったのが、体が震えちまった。(笑)

船長に聞くと「5〜6キロだろ?船の記録は9キロだよ。」とコトもなげ。

でも、ワタス的には最高記録ですけど・・・・・・。(笑)

ここら辺に、プロと素人の差が現れますな。

Imgp2709

危なかった。のされてた。外れる寸前じゃないの?

P_20180210_052731

大きさ、全長もさることながら、厚みがすごいです。

船長が血抜きをしてくれました。

Imgp2710

この時点で、16:25だったかな、まだ少し時間があるものの、もー赤いのも釣ったし帰ろーです。

Imgp2712

秤で計ると5kg、船長当たっています。

Imgp2713

尻尾が床に当たり軽くなるので、避けて軽量。

Imgp2714

クーラー横幅いっぱいです。

船長曰く「このクラスならしゃぶしゃぶが美味いよ。」
頭の中はしゃぶしゃぶでジャブジャブ・・・。(笑)

1518195594762

イナダとカイワリ、おそらく10匹ずつといったところですか。

これだけでも嬉しい釣果です。

Imgp2715

晴れ、凪、こんなに全てが揃う釣りはなかなかないです。

天候が良い時、魚はいないなんてのは何度も経験してますからね。

でも今回は小潮だったんですね。どちらかというと潮が動かない日、釣れないなんて思いそうですが、船長がよく言ってる「潮は関係ない。」というのがよくわかった日でした。

20180209tied

2018年1月30日 (火)

改造

2018/1/30 さてと、船長からは店を教えていただいただけではない。富士丸で使っているステンカン、どうやら形状からして原田釣り具店オリジナルのものと思われるが、そのまま使っているわけではない。オキアミがそのままではうまく出ていかないので、上部の穴2つを拡大しているのだ。大体のことは教えていただいたので、ここでやってみましょう。

用意したのは、ステップアップドリルという段地上のドリルと開けた穴のバリを取る砥石やカッターである。

バリはあると手を切ったり、危ないだけでなく、オキアミが引っかかって出ていかないと船長は言っていた。

P_20180130_132523_2
上部の穴を測ってみると12mm位、これを16mmにする。
P_20180130_132624_2
これがステップアップドリル、太い側から3段目まで入れることになる。
P_20180130_132723_2
この部分の穴、2つを拡大する。
P_20180130_132754_2
ちょうど持っていた万力を使うこととする。
P_20180130_135056_2
こんな感じ、この万力でギリギリ掴むことができた。
P_20180130_133235
こんな感じで装着する。
P_20180130_133319
ガガガーと開けるのだが、ちょっと粘り気のある油を切削油として使うのがいいと思う。
P_20180130_133343
穴が開いた。裏表どちらもバリだらけだ。
P_20180130_133434
カッターを付けてバリを取る。
これはカッターだが、あまり芳しくなく、丸い砥石が一番使い易かった。
P_20180130_133803
蓋を開けて内部も除去する。
P_20180130_133819
下が拡大前、上が拡大後です。
P_20180130_135031
まずまずの出来かな。
P_20180130_140636
さて釣りはいつ行くかなーーー。(笑)

開拓

2018/1/29 昨日の釣りで電動リールのPEがフリーで落ちていかなくなり、急遽タックルを変更し、続行した問題と天秤から下全部を奉納しちゃった問題。

これとは別に船長達が御用達にしている釣具店を聞いていたので行ってみることとした。
その店は
  原田釣具店
       です。
                                         
住所 静岡県伊豆の国市北江間1400-2
電話番号 0559-46-0345
営業時間/定休日 夏期: 8:30~20:00 (4月~10月)  冬期: 8:30~20:00 (11月~3月)
定休日:
交通案内 伊豆中央道長岡北ICおりて500m
駐車台数 8台
20170129harada02
写真はGoogle Mapより

どうだろ? 自分ちから30分くらいかな?
電動リールの修理依頼をする。
店長、確かめてみて重いのを実感、少し油をシュッとかけて「うーん、やっぱり重いね、修理出しましょう。」こういう確認はただ受け取るより嬉しいものがあります。
最近、電動リールの電源コードの取り扱いは、取り外さないことにしている。さすが修理に出す時は外しているが、外すことによって、リールとのつなぎ部分に海水や洗浄の真水が侵入し、接点部の真鍮に緑青が発生、接触不良を起こすことがあったからだ。
皆さんも見たことがないだろうか?特に船長達もそうだけど、遊漁船に乗り込んでくる人達に、竿に電源コードぐるぐる巻いて乗ってくる人がいるのを。
てっきり、自分はものぐさな人達で片付けしないんだと見ていたのだけど、中には自分のように接触不良を嫌って外さない人もいるんだとわかってきた。
現在4台の大から小までの電動リールを持っている。全てのリールに繋げておくコードを持っていないため、聞いてみるとあるとのこと。以前住んでいたところでは取り寄せだったのでこれはありがたい。然もメーカー製だが幾分安い。
さて他のものは・・・・。安い、ステンカンは原田釣り具オリジナルとなっているがおそらく市価の半額だろう。それにこれ何度も目にしている、富士丸の船に常備してあるものと同じだ。サニービシも市価の2/3くらいかな。クッションゴムも、そして天秤も。。。
あかん、いくらでも見ていたいし、見るとどんどん買いそうだ。
かなり我慢して、買い控えたが、この有様・・・・。(笑)
P_20180129_21204102

でも、ありがたい、これからも使いすぎないように来よう。

しかしなぁ…。後から考えるとサニービシ奉納したから買うのはわかるんだが、ステンカンも要るんかい? 持っとるだろーーが・・・。

2018年1月28日 (日)

え? こんなとこに◯◯◯

2018/1/28 なんとなく海を見ていた。

黄色の◯部分に何やら動きが・・・。
深さ25m位の所です。
Dsc_665301
あれ? 消えた。
Dsc_6646
出た!!
Dsc_6647
消えかかった・・・
Dsc_6648
また出た
Dsc_6649
背鰭ってサメ?
Dsc_6650
ありゃ? 2つ?
Dsc_6651
2つだ
Dsc_6652
イルカだぁ(笑)
Dsc_665202
こんな所にも来るんですね。

やっとの思いで行けた釣行、さて結果は?

2018/1/27 久しぶりの釣行です。というか、ブログも久しぶり、ずっと釣りには行きたかったのだけど、忙しかった。それと寒くなると足腰はイマイチ。動きが鈍くなってしまうのです。やっと行けるかと思うと東伊豆特有の冬の名物の東風、竹林が折れるかと思われるほど沖に向かってたなびいています。11/3に行ったのが最後なので、2か月半位上行っていないことになりました。

狙いはいつも変わらずカイワリ・ハナダイです。ずっとウィリーが好きでやっていたのだけど、最近はウィリー無しのコマセ釣り、しかも太ハリス、変形5本自作針で挑戦です。

天気予報と風ですが、特に風は問題無しのようです。

20180127tenki
11:30頃、富士丸が午前船の釣りを終え、帰ってきました。
狙いはメダイ、自分も大好きな魚なんですが、最近は釣果がなく、行く人もありません。釣果を聞いてみたところ、竿頭は3匹、裾は0だということで、釣れてなかった中ではまずまずといったところでしょうか。中乗りさんの話では朝バタバタッと釣れただけで後は渋かったようです。
今回は欲張らず、ハナとカイだけに専念しようとしていましたが、次回はメダイも挑戦したいな。
Imgp2682
全員降りて片付けも終わったので乗れるかと思いきや、「チョット待って、燃料入れてくるから。」って出ていっちゃった。
隣にぽつんと小さな船。以前は富士丸の名前で大船長が乗っていたけど、今は安菜丸と名前を変えています。もう一人の中乗りさんの手に渡ったのですが、もう少しで動き出すとのこと。楽しみですね。待っている間に、この中乗りさんとも話ができたのですが、午前中にコマセダイをやったのだけど、棚に落ちればタイは食うのだけど、イナダが邪魔して中々だったとのこと、聞けばイナダは20本あげたとか・・。こりゃあ忙しい釣りになりそうです。
「じゃあ、短い竿で勝負がいいだろう・・・。」と考えたのは言うまでもありません。
Imgp2683

快晴、波静か申し分ないです。
Imgp2684

写真ではわからないですが、遠くに見える大島の三原山は白くなっています。雪でしょうね。
Imgp2685

こちらは丹沢側、雪が積もっています。
Imgp2686

富士山も真っ白、ここまで書くと非常に寒そうですが、風がないので全く寒くありません。
Imgp2687

「はいやって、棚は85、10メートル下でコマセ撒いて。」と船長のアナウンス。
餌をつけた仕掛を落とすのだが、リールのクラッチを切っても仕掛けが落ちていきません。???? PEを引っ張り出すとその分だけ出てくるが、落ちていかない。しょうがないので、竿をしゃくってみると、反動でその分だけPEが出る。なんとかこれを繰り返して棚まで落としたが、これじゃあ釣りにならないと竿チェンジです。どうやらリールが塩噛みしているのだろう、これは痛いです。
バタバタしていて、3mの長竿に交換し、やり始めたが、ドタバタで棚を忘れてしまった。(もしかしたら、ドタバタじゃなく歳のせいかも・・・)
棚下10mまで落としてウィリーの癖が抜けず、棚までしゃくってしまい、船長に「そんなことしたら、コマセが全部棚までに出ちゃう。下だけで巻いて。」とアドバイス。オーーツ、私としたことが・・・2か月半のブランクが・・・。(これもブランクが問題ではなく、記憶力がないだけかも・・・ )
開始直後はこんな滅茶苦茶状態で始まったものの、魚はご機嫌が悪いわけではなく、中乗りさんはポンポン上げていく。ハナ大、イナダ、ハナダイ・・・・。
自分も負けじと釣るのだが引いても抜けたり、餌を取られたりで3〜4回空回りしたでしょうか。その後、ビシの開け方も決まって、やっとのことでハナダイGET。この後はハナダイ、カイワリ、ハナダイと続きます。イナダは来ないなーと思っていたら、ギュンッといい引き、結構暴れて上がってきたのはイナダくん。やっとこちらにも来ました。ただ、なんとなく思ったのは、やり方がまずいのか、Wで釣れることもなく、トリプルなんて遠い話、しかも一番先端か2番目の針しか食っていません。これでは5本バリの意味がない。5本に餌を付けるのも時間がかかります。うーーん、どうしよと思いつつ、続けているとギュンギュンといい当たり。竿は満月、糸は出るは、巻けないわの大騒ぎで上がってきたのはイナダ2匹に良型ハナダイ1匹。これでちょっとは中乗りさんに近寄れたかな?
しかし、その後が続きません。次第に5本バリの効率の悪さが目についてきます。
ここで、購入品の真鯛2本バリ仕掛けにチェンジ。自作も市販品も長さは6m。
ここから、嘘みたいに釣れる。10m下まで落として3回しゃくって棚まで上げるとギュン。棚まで上げるとギュン。棚まで上げるとギュン。と続いていく。
Imgp269606
4時近くになって終盤という頃、太陽が沈みはじめ、竿先がなんだかわからなくなるような時間、パタッと食いが無くなった。
ここで、さらなる疑問、中乗りさんはおそらく真鯛狙いの10m 1本バリ、自分のは自作も市販品も6m、今までは釣れていたけど、4mの差はどうだろう? それといよいよゴールデンタイム、真鯛を狙わなくて何になる。
Imgp2688

ここで勝負と出してきたのは市販品の10m1本バリ。
期待を持って投入するがシーーーーーン・・・・。
シーーーーーン・・が続きます。(笑)
Imgp269610

で、中乗りさん、ちゃっかり真鯛釣っちゃってんの。(笑)
こりゃぁ、やっぱり腕の差ですな。
この後、全くアタリもなし、16:30終了でした。
Imgp2692
今回の釣果、書き忘れましたが、途中で巨カイワリを釣っています。
これが今日の一番かな。
イナダ5?6?、カイワリ5?6?、ハナダイ5?6?
すみません、まだ数えていないし、お隣さんにも配ったで、よくわかりません。(笑)
まぁ、これだけ釣れれば最高です。
Imgp2690
船から上がったら、ちょーー寒かった。
船ではそんなに感じなかったのだけど、やはり冬ですね。
今日の潮汐です。
そうだ、途中、片テンから下が外れたのか奉納してしまいました。しっかり止めていたのだけどなぁ・・・。(これも痴呆?)
リール修理、片テン、ビシ、クッションの補充かぁ・・・痛い痛い・・・・
20180127tied

«満ち足りた日

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ